盲導犬について|九州盲導犬協会

HOME  >  盲導犬について

盲導犬について

盲導犬について

盲導犬について

盲導犬とは

盲導犬とは、視覚障がい者を安全かつ快適に誘導する犬のことです。

盲導犬の歴史
盲導犬

約1万2千年前の遺跡の発掘品から、そのころ既に人間と犬が共に生活していたことが知られているように共存の歴史は長く、古くは住居や食糧庫の見張りや狩猟の手伝いなどをする存在でした。イタリアの古代都市ポンペイの壁画には視覚障がい者を誘導する姿が描かれています。1819年、オーストリアの神父ヨハン・ウィルヘルム・クラインが視覚障がい者を誘導するために犬を訓練したのが、正式な盲導犬の発祥であるといわれています。

本格的に事業として育成が開始されたのは、1916年第一次世界大戦後のドイツにおいてです。戦争により目が不自由になった軍人のために盲導犬が育成され、やがてヨーロッパの各地やアメリカなどで盲導犬育成の事業が開始されました。

日本では、1938年にアメリカの盲導犬使用者が来日した際に紹介され、翌年にドイツから4頭の盲導犬が輸入されました。しかし、その4頭が亡くなった後は、しばらく盲導犬が不在の時代が続きます。1957年に国内ではじめての日本人の手による育成で「国産第一号」の盲導犬が誕生します。その後、国内数か所に盲導犬協会が設立され事業としての育成が開始されました。

現在でも、北から北海道、栃木、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、島根、福岡の10協会13施設で、年間100頭以上の盲導犬が育成されています。

現在、全国で盲導犬を希望する視覚障がい者3,000人(推計)に対して盲導犬の実働数は約1000頭余り(2013年3月31日現在)。日本ではまだまだ盲導犬が不足している状態です。

身体障害者補助犬法の施行

2002年~2003年に「身体障害者補助犬法」が施行され、盲導犬をはじめとする補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の公共施設、不特定多数の利用する施設(デパート、ホテルなど)への受け入れに関する環境が整いました。

「身体障害者補助犬法」については別のページでくわしく説明しています。

身体障害者補助犬法

盲導犬の役割

盲導犬の役割

人間には視覚、聴覚、触覚などいくつかの「感覚」があり、それらの感覚を通して外界から情報を取り入れながら日常生活を送っています。人間は全ての情報の約80%を視覚から取り入れているといわれ、視覚障がい者が安全に歩行するには困難が伴うため、何らかのサポートが必要です。

視覚障がい者の歩行手段は主に3種類あります。

1.他の人の手引きを受けて歩行する。
2.白い杖(白杖:はくじょう)を使用して歩行する。
3.盲導犬を使用して歩行する。

視覚障がい者の方それぞれが自身の生活に合った方法を選びます。

盲導犬との歩行
イメージ:盲導犬の協同歩行

盲導犬使用者は目的地までの地図、道順を把握し頭の中にイメージしながら、それに応じて盲導犬に適切な指示を出します。盲導犬は安全に歩行するためのサインを送り、盲導犬使用者はハーネス(胴輪)を通してそれを感じ取る、といういわば「共同作業」によって、安全で快適な歩行を可能にします。

盲導犬の作業
1.道路の端に寄って歩く
2.段差で停止する
3.角で停止する
4.障害物を回避する
5.近くの目的物に誘導する(ドア、階段、改札口など)
盲導犬としてよくみられる犬種
ラブラドール・レトリバー
ゴールデン・レトリバー
ラブラドール・レトリバーとゴールデン・レトリバーのミックス(一代雑種)

犬種が持っている特徴として、性格が温和であること、作業意欲がたかいこと、身体の大きさが人の誘導に適していること、などが求められます。しかしながら、これらの犬種の犬ならすべて盲導犬に適しているというわけではなく、より盲導犬に適した子を増やすため、素質のある血統を持った親犬同士を使っての計画的な繁殖が取り組まれています。

街で盲導犬を見かけたら

「街で盲導犬を見かけたら」

街で盲導犬を見かけたときに、あなたにぜひ心がけていただきたいことや守っていただきたいマナーについては、
別のページでくわしく説明しています。

街で盲導犬を見かけたら

盲導犬はかけがえのないパートナー
イメージ:盲導犬とユーザー

盲導犬の役目は単なる歩行手段だけではありません。いつも一緒にいて心を慰め、癒してくれる存在です。そして、外へ一歩踏み出す勇気と自信を与えてくれるのです。

盲導犬は盲導犬ユーザーにとって心の支えであり、社会生活を送るうえでかけがえのないパートナーとなるのです。

盲導犬は『無償貸与』

一人でも多くの視覚障がい者に盲導犬を持つ機会が得られるように、当協会では無償で盲導犬を貸与しています。

盲導犬についてTOP

九州盲導犬協会