2012年の最新お知らせニュース告知について|九州盲導犬協会

HOME  >  最新情報ニュース

2012年の最新ニュース一覧

最新ニュース

2012年

2012.12.27 パピー修了式を行いました

12月に16頭のパピーたちが立派に成長し訓練センターに戻ってきました。
これから子犬たちは盲導犬候補犬として訓練を開始します。
繫殖ボランティアさんからパピーウォーカーさんへ渡された愛情のバトンを今度は訓練士がしっかりと引き継ぎます。
パピーウォーカーさん、本当にありがとうございました。これからも応援をよろしくお願いいたします。

修了式
2012.12.27 パピーウォーカーさんのご紹介

12月に委託したパピーとパピーウォーカーさんをご紹介します。

12月に委託したパピーとパピーウォーカーさん

パピーウォーカーの皆さん子犬たちをどうぞよろしくお願いいたします。

2012.12.20 繁殖犬いまり号が7頭の子犬を出産しました。
繁殖犬いまり号繁殖犬いまり号

いまり号はラブラドールには珍しく、耳も片側だけ体も半分だけに柄があります。今回生まれた子犬の中には1頭だけ、頭に黒い斑を受け継いで生まれた子がいます。ただ今、生後3週目。子犬たちは、お母さん犬いまり号と繁殖ボランティアさんの愛情をいっぱいうけて、スクスク育っています。

☆九州盲導犬協会では、繁殖ボランティア、パピーウォーカーを募集しています。
繁殖ボランティアについて はこちら
パピーウォーカーについて はこちら

2012.11.3 「ちんどん☆リトルスター」様に募金活動をしていただきました
ちんどん☆リトルスターちんどん☆リトルスター

今回の募金活動は、11/3が嬉野市の『秋まつり』、11/11が佐賀県小城市牛津町の『牛津産業まつり』でした。恒例のちんどん姿で 太鼓やサックスを演奏しながらの呼びかけ、会場の方々にアピールしてくださいました。余興のバナナのたたき売りも好評で、たくさんの方々にご協力いただくとともに、盲導犬の啓発促進にも一役買ってくださいました。

リーダーの岸川伸資様はじめ、ご協力いただいたメンバーの皆様、本当にありがとうございました。

2012.11.11 盲導犬慰霊祭が行われました

平成23年4月~平成24年10月に亡くなった盲導犬・繁殖犬の慰霊祭を、総合訓練センターにて行いました。

盲導犬慰霊祭

当日はあいにくの雨模様でしたが、式の始まるころには陽も差し込み、まるで旅立った犬たちが空から見守ってくれているようでした。
参加者は亡くなった犬たちのユーザーさんやボランティアさんご家族、当協会の職員合わせて約40名。歴代の犬も合わせ138頭の犬たちの位牌を前に全員で黙とう、ユーザーさん、ボランティアさんから心のこもった追悼の言葉をいただいた後、一同感謝の気持ちとともに献花を行い、心より冥福を祈りました。
この日は、日頃お会いする機会の少ないユーザーさんとボランティアさんが集い、それぞれの犬たちの思い出や互いに労をねぎらう言葉を交わすなど、その温かい想いや愛情に触れることができ、私たち職員も盲導犬たちが繋いでくれた絆を改めて感じる機会となりました。
盲導犬たちの命の尊さ、そしてそこに関わる方々の温かい想いを胸に刻み、今後も福祉事業としての使命を全うするべく努力してまいります。

2012.11.07 10月中に2頭の繁殖犬が出産しました。
ディーナ号

10月12日に繁殖犬ディーナ号が、10月26日には繁殖犬エミー号が出産しました。

繁殖犬ディーナ号は メス2頭の出産でした。2頭とも色白のかわいい子です。
ディーナは子育てがとっても上手で、今回は2頭ということもあってのんびりゆったり子育てをしています。

 

エミー号

繁殖犬エミー号はオス3頭メス2頭の出産でした。出産時の平均体重も大きめで、すくすく育っています。子犬たちの目が開いてよちよち歩きだすのも間もなくです。
来週には離乳食が始まりますし、子犬の成長が楽しみです。

ディーナの繁殖ボランティアさん、エミーの繁殖ボランティアさん 12月の委託式までどうぞよろしくお願いします!

☆九州盲導犬協会では、繁殖ボランティア、パピーウォーカーを募集しています。
繁殖ボランティアについて はこちら
パピーウォーカーについて はこちら

2012.11.05 平成24年度年賀寄附金配分事業完了のお知らせ
日本郵便年賀寄附金助成車両

このたび郵便事業株式会社から、平成24年年賀寄附金の配分を受けて、
下記の事業を完了いたしました。
ここに事業完了のご報告を申し上げますとともに、郵便事業株式会社をはじめ、ご協力を賜りました関係者の皆様に謹んで感謝の意を表します。

1.事業名   身体障害者補助犬の訓練・啓発用車両の更改事業
2.事業内容  ニッサン・キャラバン
3.配分金額  1,386,350円
4.実施場所  福岡県糸島市東702番地1
5.完了年月日 平成24年8月31日

公益財団法人 九州盲導犬協会
理事長 田中 久也

2012.10.06 盲導犬育成のための募金活動をおこないました
募金活動募金活動

10月6日(土)九州自動車道 広川サービスエリアにて、盲導犬の募金活動を行いました。当日は3連休の初日ということもあって、たくさんのお客様でにぎわっており、愛犬連れの方もたくさんいらっしゃいました。

盲導犬育成のための募金活動や盲導犬候補犬との触れ合い、そしてチャリティーグッズの販売に、たくさんの方がご協力くださいました。そのほかには、盲導犬のビデオをご覧いただいたり、盲導犬のパネルを展示し自由にご覧いただけるようにしました。

遠くは愛知県からお越しの方もいらっしゃり、犬好きなお友達のお土産に!とグッズを購入してくださる方もいらっしゃいました。
ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

2012.8.1 パピーウォーカーさんのご紹介

今年7月までに委託したパピーとパピーウォーカーさんをご紹介します。

今年7月までに委託したパピーとパピーウォーカーさん 今年7月までに委託したパピーとパピーウォーカーさん 今年7月までに委託したパピーとパピーウォーカーさん 今年7月までに委託したパピーとパピーウォーカーさん

この中には、既に海外の盲導犬協会へ巣立っていったパピーが含まれています。
パピーウォーカーさん、短い間でしたが本当にありがとうございました。
現在、パピーをお願いしているパピーウォーカーの皆さん、仔犬たちをどうぞよろしくお願いいたします。

2012.07.28 パピー修了式を行いました

4月に15頭、7月に12頭のパピーたちが立派に成長し訓練センターに戻ってきました。
訓練センターへ戻ってきた仔犬たちは盲導犬候補犬として訓練を開始しています。
繫殖ボランティアさんからパピーウォーカーさんへ渡された愛情のバトンを訓練士がしっかりと引き継ぎました。
パピーウォーカーさん、本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いいたします。

修了式修了式
2012.07.26 福岡市立玄洋中学校様からご寄付いただきました。
玄洋中学校様

福岡市立玄洋中学校様から盲導犬育成資金として23万円を寄付していただきました。
玄洋中学校様は、1990年から募金活動を通じ、寄付を続けてくださっています。

今回も福祉の学習の一環として有志の方々が街頭募金をしてくださり、募金活動で集まった募金を総合訓練センターへ持参してくださいました。
玄洋中学校の皆様、本当にありがとうございました。

2012.06.08 盲導犬候補の子犬が産まれました。
カノン

ずいぶんご報告が遅くなってしまいましたが、4月~5月の候補犬の誕生についてご報告いたします。

まずは、4月9日に繁殖犬カノンがオス3頭、メス2頭の計5頭出産しました。
色白美人のお母さん犬に似て、子犬たちもみんな毛色が白く、優しい顔立ちをしています。
カノンの子犬は6月3日委託式が行われ、繁殖ボランティアさんから、パピーウォーカーさんへ1頭1頭バトンタッチされました。

 

ウォーミー

続いて、4月19日繁殖犬ウォーミーがオス4頭メス3頭の計7頭出産しました。
ウォーミーは初産で、繁殖ボランティアさんと職員が見守る中、とってもスムーズに、落ち着いて子犬たちを出産しました。
その子犬たちも成長し、今はとっても個性豊かになってきています。
ウォーミーお母さんはそろそろ子離れの時期。子犬たちは兄弟同士で遊ぶ中から、犬同士のマナーを学んでいます。

 

ベルサ

そして最後は5月12日に繁殖犬ベルサがメス5頭を出産しました。
ベルサは今回で3回目の出産です。
子育ても出産も慣れたもので、しっかり母親業をこなしながら、自分の時間も忘れません。子犬たちは今週から離乳食が始まり、成長スピードも勢いを増します。
繁殖ボランティアさんは、日々変化する子犬の様子も楽しみながら、お世話してくださっています。

☆九州盲導犬協会では、繁殖ボランティア、パピーウォーカーを募集しています。
繁殖ボランティアについて はこちら
パピーウォーカーについて はこちら

2012.02.23 2012年1月、2月の啓発活動のご報告
啓発活動のご報告

2012年1月2月の啓発活動のご報告
  *1月12日  福岡県立糸島農業高等学校『社会人特別講師招へい事業』
  *1月26日  福岡市立今津小学校『福祉についての学習』
  *1月26日  福岡市立金武中学校『視覚障がいについて理解を深める』
  *2月14日  福岡市立石丸小学校『総合学習 心のバリアフリー』

石丸小学校の授業では、3年生全員を対象に「心のバリアフリー」というテーマでお話しをしました。当日は、福岡市内在住の盲導犬使用者笠トクヱさんと盲導犬イエリーにも同行していただき、視覚障がい者の立場からのお話やイエリーとの生活についてお話しいただきました。講演の途中では、実際に笠さんにイエリーと一緒に歩いていただき、どのようにして歩いているかを実演。子どもたちからは「早~いっ!」「すごいなあ」と歓声が上がりました。また「盲導犬になる犬の種類は決まっていますか?」「盲導犬に一番感謝する時はどんな時ですか?」など、子どもたちからたくさんの質問が飛び出し、笠さんも「盲導犬には触ったり、話しかけたりしないでください。でも視覚障がい者である使用者にはどうぞ声をかけてくださいね」と、盲導犬に出会った時のマナーやお願いを伝えてくださいました。石丸小学校3年生の皆さん、ご招待いただき、ありがとうございました。元気な皆さんに会えて私たちも元気になれました。これからもたくさんのことを勉強してくださいね。

2012.01.02 盲導犬育成のための募金活動をおこないました
募金活動募金活動

今年も糸島ライオンズクラブ様のご厚志により1月2日および3日に雷山千如寺と桜井神社で、盲導犬育成のための募金活動をおこないました。

今年は、天候には恵まれましたが、寒さ厳しい中、初詣にお越しくださった皆様が、わざわざ足をとめ、温かいお声をかけていただくとともに、大勢の方々が募金してくださいました。

糸島ライオンズクラブの皆様、募金にご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

2014年の情報はこちら

2013年の情報はこちら

2012年の情報はこちら

九州盲導犬協会