パピーウォーカー募集について|九州盲導犬協会

HOME  >  ボランティア募集  >  パピーウォーカー募集

パピーウォーカー募集

ボランティア募集について

パピーウォーカー募集について

パピーウォーカー

パピーウォーカーとは

将来盲導犬としての訓練を受ける仔犬を、生後約50日から約1歳になるまで飼育していただくボランティアのことです。家族の愛情に包まれて育つことで、人の優しさや人に対する信頼感を学び、さまざまな経験を通して、仔犬は社会性を身につけます。

パピーウォーカーお申し込みのお願い

盲導犬育成にはパピーウォーカーの協力は欠くことができません。しかし、現状はパピーウォーカーの協力者が少なく仔犬を出産させることも控えめにしている状態です。盲導犬を希望され社会参加を強く望んでいる視覚障がい者に一日でも早く盲導犬を渡すためには、なにとぞボランティアの皆さまのお力をお借りしたいと思います。皆様と手を取り合い力をあわせ盲導犬をこつこつと育てていきたいと強く願っています。この機会にぜひパピーウォーカーへのご協力をお願いします。

パピー(盲導犬候補犬)委託基準
1.室内で飼育が出来ること
2.留守にすることが少なく、仔犬の世話が出来ること
3.仔犬のしつけに対して、家族全員の協力が得られること
4.飼育費用をご負担いただけること。(医療費・犬具・餌代等)
5.協会の方針に沿った飼育をしていただけること
6.パピーウォーキング委託時および修了時、飼育講習会など、必要に応じて総合訓練センターまで来所可能であること
7.現在、犬を飼育されている方はご相談ください
申込方法

ボランティア申込
下記の「ボランティア資料請求」フォームよりお申し込みください。

書類送付後審査
資料とパピーウォーカー申込書を郵送いたしますのでご記入のうえご返送ください。委託条件を満たしているかどうかなどにつき検討させていただきます。確認のお電話をさせていただく場合もあります。

事前講習会・面談
「事前講習会」ではパピーウォーカーについての詳細なご説明と面談をさせていただきます。事前講習会の実施時期は不定期ですので、お待ちいただく場合もございますがご了承ください。

ボランティア登録
講習会参加後、パピーウォーカーを希望される方は正式にボランティア登録となります。

仔犬の委託
委託の一カ月前ごろまでにお預け可能かどうか再確認のお電話をさせていただきます。出産状況によりお待ちいただく場合もございます。

ボランティア資料請求

パピーウォーカーさんの声

パピーウォーカーさん

「繁殖ボランティアさんから受け継いだ愛情のバトンを訓練士さんへしっかり渡したいとがんばっています。」

「定年後、何か社会の役に立ちたいと思いこのボランティアに申し込みました。犬を飼うこと自体が初めてだったので最初は大変でしたが、しつけ講習会や訓練士さんの家庭訪問を通じだんだんとコツがつかめてきました。大変さ以上に仔犬は喜びと安らぎを与えてくれます。我が家はもう仔犬のいない生活は考えられません。」

「よく『お別れがつらいからわたしには出来ないわ~』なんて言われますが、わたしたちだってもちろん委託修了のときは寂しい思いをします。でもわたしたちが送りださなければ盲導犬はいつまでも増えません。新生活をスタートさせるわが子を送り出す気持ちです。」

ボランティア募集についてTOP

九州盲導犬協会