キャリアチェンジ犬譲渡先ボランティアさんの体験談のご紹介|九州盲導犬協会

HOME  >  ボランティア募集  >  キャリアチェンジ犬譲渡先ボランティアさんの体験談

キャリアチェンジ犬譲渡先ボランティアさんの体験談

ボランティア募集について

キャリアチェンジ犬ボランティア上田恵子さんの声

盲導犬とそのユーザーさんに深く感動!
写真:上田恵子さん家族とアルド

盲導犬について理解も知識もないころに、たまたま友人から見せられた協会報のユーザーさんの記事を目にしてとても感動したことを今でも覚えています。ユーザーさんの盲導犬にたいする深い思いを知り、盲導犬の役割や生い立ちについて知るにつけ、自分にも何かできることがないかと考えるようになりました。仕事先に募金箱を置いたり、ことあるごとに盲導犬の素晴らしさをいろんな人に伝えたりしていましたが、先住犬の死をきっかけにリタイア犬とキャリアチェンジ犬の申し込みをしたわけです。

そして我が家やってきたのがキャリアチェンジ犬アルド。なにしろ成犬になってから犬を飼うのは初めてで、いきなり知らない人に知らないところに連れて行かれて本当になついてくれるのかと心配しました。

写真:上田恵子さん家族とアルド
たくさんの人に愛されたおおらかさがある

ところがそんな心配は全く無用。アルドはすぐに我が家に馴れ、甘えてはしゃぐ姿はまるで昔からここにいたかのよう。躾もきちんとされており、指示も聞いてくれて、さすがに盲導犬の血を引いているだけのことはある。

そして何よりもこの子はたくさんの人の愛情をたっぷり受けて育ってきた、そのことを実感しました。繁殖ボランティアさんからパピーウォーーカーさん、そして訓練士さんとそれぞれに愛されてきたおおらかさがあると。だからアルドは家族だけでなく、近所の人にもとても人気者です。これぞ盲導犬のもって生まれた才能ですよね。その犬の一生を一つの家族にかわいがられる―それも幸せですが、こうして盲導犬やその候補犬たちのようにたくさんの飼い主に愛情をもらって一生を過ごす、それもとても幸せなことだと私は思います。

盲導犬育成の輪を広げたい

盲導犬に関わるようになってから私も知らず知らずのうちにたくさんの方と知り合うことができました。たまたま熊本在住の盲導犬とそのユーザーの方をちょくちょくお見かけすることがあり、お話しするようになったのも盲導犬が取り持つ縁なのかなと思っています。もちろんその盲導犬のことも陰ながら応援していますよ。

盲導犬育成という目的のため、犬たちを通してたくさんの人がつながっていく―とても素晴らしいことです。アルドを通じてできたご縁を大切に、私自身これからももっともっと盲導犬育成への協力の輪を広げていきたいですね。

写真:上田恵子さん家族とアルド
ボランティア募集についてTOP

九州盲導犬協会