繁殖ボランティア募集について|九州盲導犬協会

HOME  >  ボランティア募集  >  繁殖ボランティア募集

繁殖ボランティア募集

ボランティア募集について

繁殖ボランティア募集について

繁殖ボランティア

繁殖ボランティアとは

将来盲導犬として訓練を受ける仔犬の父犬や母犬を飼育していただくボランティアのことです。仔犬は生後約50日まで母犬や兄弟犬と一緒に育ちます。母犬をお預かりいただく場合、生まれた仔犬が生後約50日でパピーウォーカーに委託されるまで、仔犬のお世話をしていただきます。

繁殖犬委託基準
1.室内で飼育していただけること
2.必要に応じて訓練センターまで犬の送迎が可能であること
3.犬の飼育費用(犬具代、餌代、医療費)を負担していただけること
*出産・育児にかかる費用は協会がご負担いたします
4.協会の方針に沿った飼育をしていただけること
5.母犬の場合、仔犬が生まれてからパピーウォーカーさんにお預けするまでの約2ヵ月間お世話をしていただけること
6.母犬の場合、訓練センターからご自宅まで1時間程度の範囲にお住まいであること
*出産等に職員がご自宅にお伺いするため、遠方の方はお断りしています
7.現在、犬を飼育されている方はご相談ください
申込方法

ボランティア申込
下記の「ボランティア資料請求」フォームよりお申し込みください。

書類送付後審査
資料と繁殖ボランティア申込書を郵送いたしますのでご記入のうえご返送ください。委託条件を満たしているかどうかなどにつき検討させていただきます。確認のお電話をさせていただく場合もあります。

面接
繁殖ボランティアについての詳細なご説明と面談をさせていただきます。繁殖犬の認定状況によりお待ちいただく場合もございますがご了承ください。

ボランティア登録
面談後、繁殖ボランティアを希望される方は正式にボランティア登録となります。

繁殖犬の委託
委託の一カ月前ごろまでにお預け可能かどうか再確認のお電話をさせていただきます。

ボランティア資料請求

繁殖ボランティアさんの声

子犬

「いよいよもうすぐ出産というころからのおよそ2ヶ月間、ほとんど不眠不休です。でも、手のひらに乗るほどの小さな命がすくすく育ち元気いっぱい大きくなっていくのを見ると本当に感動的で何より大きな喜びでもあります。」

「健康な仔犬が安産で生まれてくるようにと適切な食事や運動など母犬の健康管理にはとても気を遣っています。」

「仔犬たちの名前を決めるのも繁殖ボランティアの楽しい仕事の一つです。一頭一頭それぞれの幸せを願いながら命名します。」

ボランティア募集についてTOP

九州盲導犬協会