身体障害者補助犬法|九州盲導犬協会

HOME  >  盲導犬について  >  身体障害者補助犬法

身体障害者補助犬法

盲導犬について

身体障害者補助犬法

「身体障害者補助犬法」についてご説明します。
イメージロゴ:ほじょ犬

「身体障害者補助犬法」とは、「身体障害者補助犬の育成と、これを使用する身体障害者の施設などの利用の円滑化を図り、身体障害者の自立と社会参加の促進につなげるために定めた法律」のこと。
平成14年に施行され、都度、改正をしながら現在に至っています。ちなみに補助犬とは「盲導犬」「介助犬」「聴導犬」をいいます。

具体的には 不特定多数の人が利用する施設等の管理者は、補助犬の受け入れを拒んではならないというもので、これにより公共の交通機関や役所、銀行やお店、ホテルなどに使用者が連れて入る権利法律で明確にされ、一般社会にもその理解や協力を求める内容となっています。また、使用者にも補助犬のしつけや訓練、衛生面の管理などを義務付けています。

盲導犬についてTOP

九州盲導犬協会