盲導犬訓練士・盲導犬歩行指導員紹介|九州盲導犬協会

HOME  >  協会のご紹介  >  訓練士紹介

盲導犬訓練士・盲導犬歩行指導員紹介

協会のご紹介「盲導犬訓練士・盲導犬歩行指導員紹介」

訓練士紹介

盲導犬訓練士と盲導犬歩行指導員について

盲導犬訓練士とは、盲導犬を育成するために必要な知識と訓練技術を持っている有資格者のことです。

資格を取得するための研修期間は約3年間で、この間に訓練理論、犬解剖学、視覚障がいに関する知識などを学ぶとともに、訓練の実技として有資格者の監督のもと合計12頭以上を訓練することが求められます。

イメージ:訓練士による訓練風景

盲導犬歩行指導員とは、視覚障がい者に盲導犬の使用に必要な知識や歩行技術を指導する技能を持った有資格者のことです。

盲導犬歩行指導員になるための研修期間は約2年間ですが、研修を受けるにあたっては前述した盲導犬訓練士の資格が必要です。

研修期間には、より専門的な視覚障がいに関する知識やカウンセリングの技術、視覚障がい者とのコミュニケーション技術などを学びます。実技は有資格者の監督のもと、6例以上の歩行指導を行うことが義務付けられています。

盲導犬訓練士になるためには

盲導犬訓練士になるためには、国家公安委員会が指定した盲導犬訓練施設に職員として採用された後に勤務をしながら盲導犬訓練士になるための資格を習得していくという方法があります。採用については各盲導犬訓練施設によって異なりますので、各機関にお問い合わせください。

九州盲導犬協会のスタッフ採用情報については、以下からご覧ください。

採用情報

九州盲導犬協会